ウェブサイト検索

OneDrive を使用して任意のデバイスからファイルにアクセスする方法


どこからでもファイルにアクセスしたいですか? OneDrive を試してみましょう。

重要なポイント

  • Microsoft アカウントにサインアップし、OneDrive アプリをインストールして、PC からクラウドにファイルを同期します。
  • Web ブラウザーで OneDrive にサインインするか、OneDrive デスクトップ アプリを使用して、別の PC から OneDrive ファイルにアクセスします。
  • Android または iOS デバイスで OneDrive アプリを使用すると、外出先でもファイルに簡単にアクセスしてダウンロードできます。

Microsoft の OneDrive は最高のクラウド ストレージ ソリューションの 1 つであり、ドキュメント、写真、ビデオなどをどこからでも簡単に保存してアクセスできるようになります。

ファイルをローカル ハード ドライブだけでなく OneDrive に保存すると、インターネットに接続されたあらゆるデバイス (電話、タブレット、ラップトップ、デスクトップ) からそれらのファイルに柔軟にアクセスできるようになり、これがその仕組みです。

別の PC 上の OneDrive ファイルにアクセスする方法

別の PC で OneDrive ファイルへのアクセスを開始するには、まず Microsoft アカウントにサインアップする必要があります。場合によっては、OneDrive アプリのインストールが必要になりますが、OneDrive Web アプリもオプションです。

  • Microsoft アカウントには、accounts.microsoft.com でサインアップできます。
  • OneDrive アプリは、Microsoft Store、OneDrive Web サイト、または macOS ユーザーの場合は App Store から入手できます。

ただし、特に Windows 10 または Windows 11 を使用している場合は、既に Microsoft アカウントと OneDrive アプリが PC にインストールされている可能性が高くなります。その場合は、サインインとインストールの手順をスキップして、リンクに進んでください。ファイルをクラウドに同期する前に、Microsoft アカウントを OneDrive に登録してください。

1 台のコンピューター上の OneDrive にファイルを同期すると、他のコンピューターからそれらのファイルにアクセスできるようになります。別の PC 上の OneDrive ファイルにアクセスする方法は次のとおりです。

Web ブラウザーを使用して OneDrive にサインインする

別の PC 上の OneDrive ファイルにアクセスする最も速い方法は、Web ブラウザーを使用して OneDrive にサインインすることです。これは、Windows、Mac、または Linux コンピューターで実行できます。

  1. 他の PC で任意の Web ブラウザを開きます (Chrome、Firefox、Edge など)。
  2. onedrive.live.com にアクセスします
  3. Microsoft アカウントの資格情報を使用してサインインします。これは、OneDrive で使用するのと同じアカウントです。
  4. Web インターフェイスに OneDrive のファイルとフォルダーが表示されます。

  5. ファイルにアクセスするには、ドキュメントや画像などの場合はファイルをクリックしてブラウザで開きます。または、右クリックして [ダウンロード] を選択して PC にダウンロードします。

Windows で OneDrive アプリを使用して OneDrive ファイルにアクセスする

別の PC 上の OneDrive ファイルにアクセスするより効率的な方法は、OneDrive デスクトップ アプリを使用することです。 Windows 向け OneDrive アプリは、OneDrive ファイルの参照と管理のためのネイティブ エクスペリエンスを提供します。しかし、Microsoft は公式 Microsoft Store OneDrive アプリのサポートを中止しました (人々を Web アプリに誘導しました)。したがって、OneDrive アプリを引き続き使用することはできますが、そのエクスペリエンスは以前ほどシームレスではないため、Web アプリの方が優れたオプションであると思われる場合があります。

2 台目のコンピューターでローカルに OneDrive ファイルへのアクセスを設定するには:

  1. Microsoft App Store から OneDrive アプリをインストールします。
  2. OneDrive アプリを開き、画面上の指示に従ってインストールします。
  3. プロンプトが表示されたら、OneDrive オンラインで使用するのと同じ Microsoft アカウントを使用して OneDrive アプリにサインインします。これにより、アプリがアカウントにリンクされます。
  4. サインインすると、OneDrive はバックグラウンドでファイルの同期を自動的に開始します。
  5. 同期されたファイルにはエクスプローラーからアクセスできます。 OneDrive は、2 台目のコンピューター上で他のドライブやフォルダーと並んでフォルダーとして表示されます。
  6. この OneDrive フォルダーで追加、編集、または削除したファイルはすべて、デバイス間で同期されます。
  7. システム トレイの OneDrive アイコンを右クリックし、[設定] を選択して、必要に応じて同期オプションを構成します。

OneDrive アプリを使用して Microsoft アカウントにサインインすると、すべてのファイルが利用できるようになります。

macOS で OneDrive アプリを使用して OneDrive ファイルにアクセスする

macOS で OneDrive アプリを使用してファイルを設定し、アクセスするには:

  1. App Store の OneDrive ページにアクセスし、[ダウンロード] をクリックしてアプリをインストールします。

  2. インストール後、アプリケーション フォルダー内の OneDrive アイコンをダブルクリックしてアプリを開きます。
  3. OneDrive アカウントにリンクされているメール アドレスを入力し、[サインイン] をクリックします。
  4. 次のセットアップ画面で、プロンプトが表示されたら、アカウントに関する回答を入力します。 [OneDrive フォルダー] 画面で、デフォルトの場所をそのまま使用することも、[場所の変更] をクリックしてファイルを保存する場所を選択することもできます。完了したら、[次へ] をクリックします。

  5. OneDrive の使用に関する情報画面で [次へ] をクリックします。
  6. 最後の画面で、クリックして開き、同期されたフォルダーとファイルにアクセスします。 OneDrive を初めて使用する場合は、開始するための既定のフォルダーとファイルがいくつか表示されます。

Ubuntu などの Linux ディストリビューションを使用している場合は、onedrive.live.com Web インターフェイスを通じて OneDrive ファイルにアクセスできます。あるいは、このガイドに従って、Ubuntu をサポートする Linux 用の OneDrive クライアント アプリケーションをインストールして使用することもできます。

Android または iOS で OneDrive ファイルにアクセスする方法

OneDrive には、外出先でもファイルに簡単にアクセスできるようにする Android と iOS 用の公式アプリがあり、どちらのバージョンでも同じプロセスです。

Android デバイスで OneDrive ファイルにアクセスする方法

  1. Google Play ストアから OneDrive アプリをインストールします (無料)。
  2. Microsoft アカウントのメールアドレスとパスワードを使用してサインインします
  3. ファイルやフォルダーをタップして開くか、三点メニューをタップしてダウンロードを選択してローカルに保存します。

iOS/iPadOS で OneDrive ファイルにアクセスする方法

  1. App Store から OneDrive アプリをインストールします (無料)。
  2. Microsoft アカウントの資格情報を使用してサインインします。
  3. 参照してフォルダーとファイルを見つけます。タップしてドキュメントを開くか、「その他」メニューをタップしてダウンロード オプションを表示します。

上のスクリーンショットは、Android でのプロセスを示しています。 iOS の手順は非常に似ていますが、メニューの配置は若干異なる場合があります。 iOS のスクリーンショットは含まれていませんが、ユーザーは Android のスクリーンショットを参照して iPhone で作業を進めることができます。

OneDrive を使用すると、デバイスに関係なく、重要なファイルやドキュメントに非常に便利にアクセスできるようになります。メイン コンピューターとの簡単な同期、任意のブラウザーからの Web アクセス、外出先での生産性向上のためのモバイル アプリなどにより、OneDrive を利用してシームレスなファイルの可用性を実現できます。ファイルを自分にメールで送信したり、USB ドライブを持ち歩いたりする必要はもうありません。